とてもやばい

今、次のJ庭の原稿をやっている。

前回のJ庭であろうことか唐突に「続く」にしてしまった本のやつだ。

もう本当に切羽詰ってしっちゃかめっちゃかになって苦肉の策というか、

他にどないしょうもなくて続くにしただけあって、読み返すのが大変しんどい。

前もブログでそんなこと書いた気がするけど、

今まではこれを無理矢理なんとかひとつの話っぽく見せかけて逃れていたというか、

何からも逃れられてないことに気づいたので、

終わってないもんは終わってないし纏まってないもんは纏まってない、

という事実と向き合うことにしたものである。

偉い、と自分で自分を褒めるくらいしか出来ることがないが、

実際その姿勢がいくら偉かったとしても、纏まってないものが突然纏まってくれたりはしない。

 

本当に頭抱えてしまうけど、最初っから全部書き直したやつを出すことも辞さないなこれ。

ヤダーもう自分で書いたもの読んでこんなに頭抱えるなんてのびしろアルーー。

などとしょっぱいことを言いながらしんどいタイムは続く。

コメント