グリーンスリーブス

っていうあの曲が、とても好きだ。

今の時期になると結構流れてるので耳にする機会が増える。とても寂しくてうつくしい。

あんな曲の似合う本を作ってみたいな、とかも思うけど、このイメージ曲みたいな作業がとても下手で困る。

こまのさんなんかは、イメージ曲決まらないと何も作業が出来ない、と言っていた。

でもこれ多分、最初になにか書きたいものがあって、そこにイメージ曲を当てはめるのがいいのであって、

最初からよしグリーンスリーブスで話を作るぞってやるとダメな気がする。

何がダメなのかはうまく言えないけどダメな気がする。

グリーンスリーブスの呪いから解き放たれないというか。

ヨーロッパ映画みたいなオシャレ本になってしまう。

ヨーロッパ映画をディスるわけでは全然ないけど、私の中にヨーロッパオシャレ映画の素養が全然ないので。

いつか何か書いて、やべこれブリーンスリーブスめっちゃ似合うじゃん、というのが出来たら何の恥ずかしげもなく『グリーンスリーブスイメージで書きました』って言い張ろうと思う。なんという後出し。

ていうか、緑の袖って何?と思ってググッたら、なかなか淫らな意味が出てきてとてもよかった。

良かったけど、やっぱりこれこのまんま話にしたら失敗の匂いしかない。

はよグリーンスリーブスがしっくり似合う話考えてくれ自分。

コメント