古本

 

何やかんやで今年は神田古本市に行きそびれてしまった。

古本大好きなのでちょっと残念だ。

古本の、ハードカバーの装丁がめっちゃ綺麗だったりケースに入ってたりするのが好きで、

毎年もう持ってるでしょーがという本を買ってしまうので、梶井基次郎の檸檬とか5冊くらいある。

北原白秋もなんか割りとある気がする。

同じ本ばっかり読まないで新しいのも読もうと思うけど、つい音が好きな本ばっかり読んでしまう。

仕方ない。

 

コメント