Kブさんが委託販売をやめる

というお知らせが一次二次を問わずワールドを席巻している(気がする)。

私も在庫を預かって頂いているけど、申し訳なくなるほどの小部数なので直近困るとかそういうのはない。

でも、なんというか今まで当たり前のようにあったものがなくなる、という体験は何とも言いがたい。

近所にずっとあってたまーに行ってた定食屋がつぶれるみたいな感覚。

えー好きだったのにーとかなんとか言っても所詮大して貢献したわけでも何でもないみたいな。

いやKブさんはデパートみたいなもんかも知れない。

変化しないものなんか何もありゃしないのに、さりとて常に何かがなくなる、と身構えて生きるわけにもいかない。

何が言いたいかと言うと、通販ご希望の方いらっしゃったらコメントか何かで連絡頂けたら対応します、てことです。

(まとめが雑)

 

コメント

先日のJ庭ではやしゆきさんの書籍を購入させていただき、
とても好きになりました。もっとはやしゆきさんの作品を読みたいと思い、
kbooksさんにあった猫町四丁目も購入させていただきました。
「森の奥の五人の出来事」「猫町四丁目」いがいの
他の作品が、もし通販されていらしたら、購入させていただきたいです。
よろしければ、お願いいたします。失礼いたしましたm(__)m

  • asama
  • 2018/11/01 17:38

わーコメントありがとうございます!本当に嬉しいです!
先ほどメールをhayashihoshiyukiというアドレスからお送りしましたので、お時間あるときにご確認下さいませー

  • はやし
  • 2018/11/02 10:05